初夏(読み)しょか

精選版 日本国語大辞典「初夏」の解説

しょ‐か【初夏】

〘名〙
① 夏のはじめ。《季・夏》
※凌雲集(814)餞右親衛少将軍朝嘉通奉便慰撫関東探得臣〈嵯峨天皇〉「離庭物侯雖初夏、向処風烟未春」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉八「初夏の晩風猶ほ肌に冷かなれば」 〔孫逖‐奉和上陽水窓賜宴応制詩〕
② 陰暦四月の異称。《季・夏》 〔俳諧・増山の井(1663)〕

はつ‐なつ【初夏】

〘名〙 夏のはじめ。しょか。《季・夏》
※鳥影(1908)〈石川啄木〉四「初夏(ハツナツ)の風が心地よく窓に入る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「初夏」の解説

はつ‐なつ【初夏】

夏のはじめ。しょか。 夏》

しょ‐か【初夏】

夏のはじめ。はつなつ。 夏》「建ちてすぐ薪割る水辺―の家/月舟」
陰暦4月の異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android