コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初夏 ショカ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐か【初夏】

夏のはじめ。はつなつ。 夏》「建ちてすぐ薪割る水辺―の家/月舟」
陰暦4月の異称

はつ‐なつ【初夏】

夏のはじめ。しょか。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょか【初夏】

夏の初め。首夏。はつなつ。 [季] 夏。
陰暦四月の異称。孟夏。

はつなつ【初夏】

夏のはじめ。しょか。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

初夏の関連キーワードゾロトゥルン・オペラ・フェスティバルボーボリ庭園オペラ・フェスティバルアヴァンティ・サマーサウンズ目には青葉山時鳥初松魚新世紀エヴァンゲリオンカラー(サトイモ科)キャンデータフト筍梅雨・笋梅雨日差し・陽射しアメリカ撫子メーストームハッチアウトアイヌ立壺菫ブロディア大葉麻殻谷中生姜夏の花蕨ガザニア小米空木梅花躑躅

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初夏の関連情報