しめしめ

精選版 日本国語大辞典「しめしめ」の解説

しめ‐しめ

感動〙 (「しめ」は「しめた」の) ものごとが自分の思い通りになってひそかに喜ぶ時に発する
※落語・神酒徳利(1896)〈三代目柳家小さん〉「先づ二つ殴られたな…ヲヲ泣き出しゃアがった。占(シ)め占め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「しめしめ」の解説

しめ‐しめ

[感]《「しめ」は「しめた」の略》物事が自分の思ったとおりに運んで、ひそかに喜ぶときに発する語。「しめしめ、思いどおりになった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android