しるくたい

精選版 日本国語大辞典の解説

しる‐くた・い

〘形口〙 水気が多い。また、道がぬかっている。泥が深くて道がわるい。
※浄瑠璃・応神天皇八白旗(1734)一「這様(こんな)しるくたい所へ見えたらば、とろろの中へ雷が落ちたやうにござんせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android