水気(読み)すいき

精選版 日本国語大辞典「水気」の解説

すい‐き【水気】

〘名〙
① 木火土金水の五行のうち、「水」の性質。
※大学垂加先生講義(1679)「人の性に金気の過て木気の足らぬ者は過剛にして愛すくなく、水気の勝て火気の少きものは察に過て無礼な類也」
② みずけ。しめりけ。
※凌雲集(814)江亭暁興〈嵯峨天皇〉「水気眠中来湿枕、松声覚後暗催聴」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「只(と)(み)れば常さへ艷やかな緑の黒髪は、水気(スヰキ)を含んで天鵞絨をも欺むくばかり」 〔南史‐王琳伝〕
③ 水蒸気。水煙。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉二「武蔵野の空低く頻りに雨を送る其晴間には日の光水気を帯びて彼方の林に落ち」 〔春秋繁露‐五行五事〕
※史記抄(1477)一四「腎気有時間濁在太陰脈口而希なるは水気なり」
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉五八「何にしても足に睡気(スヰキ)が来たのはよくないですな」

みず‐け みづ‥【水気】

〘名〙
① 物に含まれている水分。しめりけ。すいき。
※羅葡日辞書(1595)「Humidus〈略〉ヨワキ サケ、mizzuqeno(ミヅケノ) ヲヲク アル サケ」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一〇「頗る水気の多い、旨い蜜柑ださうだ」
② みずみずしい様子。水もしたたるようなつやっぽい色気。
※滑稽本・人間万事虚誕計‐後(1833)「これでも四五年も跡までは、ちっとは水気(ミヅケ)があったから、髪もちょくちょく結ふ気もあったけれど」
③ 雨降りの天気。
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)六幕「昨日からの水気(ミヅケ)で、船頭は上ったりさ」
④ 満潮。
※歌舞伎・怪談月笠森(笠森お仙)(1865)二幕「丁度水気(ミヅケ)でござりますから、海迄出りゃあ風次第」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「水気」の解説

すい‐き【水気】

みずけ。しめりけ。
水蒸気。水煙。
からだがむくむこと。水腫すいしゅ浮腫ふしゅ
「少し—が来たようにむくんでいる」〈芥川・鼻〉

みず‐け〔みづ‐〕【水気】

物に含まれている水の量。水分。すいき。「水気の多い果物」
[類語]湿気湿り気水分湿度湿り湿潤多湿潤い潤う潤す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android