しわぶるい人(読み)しわぶるいびと

精選版 日本国語大辞典「しわぶるい人」の解説

しわぶるい‐びと【しわぶるい人】

〘名〙 (「しわぶるい」の歴史的仮名づかいは、語義の解し方によって「しはぶるひ」「しわぶるひ」の二つになる) =しわふるひと(━人)
※類従本頼政集(1178‐80頃)夏「にをとる人こそなけれ山さとに夏ぞ引折しはふるひ人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android