しわふる人(読み)しわふるひと

精選版 日本国語大辞典「しわふる人」の解説

しわふる‐ひと【しわふる人】

連語〙 (「しわふる」の歴史的仮名づかいは、語義の解し方によって「しはふる」「しわふる」の二つになる)
① 「しばふるひと」「しばふるいびと」「しわぶるいびと」などとともに諸説あって未詳。「(しわ)古人」で、しわのある老人の意、「為侘(しわ)ぶる人」で、貧しい人の意、「咳(しは)ぶる人」で、よく咳(せき)をする老人の意、「柴振る人」で山賤(やまがつ)のような卑しい身分の者の意とするなど。また、「しはふるひ人」の本文によって「皺ぶるひ人」「咳ぶるひ人」「柴振るひ人」と解するほか、「咳(しは)ぶかひ人」(よく咳をする老人)の誤りとする説もある。
※青表紙一本源氏(1001‐14頃)賢木「見奉り送るとて、このもかのもにあやしきしはふる人とももあつまりてゐて」
※光悦本謡曲・小塩(1470頃)「寒山賤のさしもげに、しはふる人と見ゆるにも」
② (「皺古人」と解して) しわの刻まれた年寄り。老人。
※読本・春雨物語(1808)目ひとつの神「物まうしの声、皺(シハ)ぶる人なれば、おかしと聞えたる」
[補注]「源氏‐賢木」は青表紙本には多く「しはふるひともも」とあり、そのうちの一本に「しはふるい人とも」とある。また、河内本には「しはふるひ人とも」とあり、さらに、別本には「しわふく人ともも」「しはふふる人ともも」「しはふかき人ともも」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android