コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すす点病(アカクローバ)

飼料作物病害図鑑の解説

すす点病(アカクローバ)

冷涼地で発生する葉枯性の糸状菌病。葉の裏側に黒いすす状のかびを生じる。黒い不定形の小病斑が密生するような状態で、葉は初めは緑色を保つが、徐々に黄化する。他のクローバ類でも発生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android