裏側(読み)ウラガワ

精選版 日本国語大辞典の解説

うら‐がわ ‥がは【裏側】

〘名〙
① 物の裏の方。また、建物などのうしろの方。⇔表側
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「パナマの横ッ腹をぽかりと張り付けると〈略〉此度は拳骨を裏側へ入れてうんと突ッ張ると」
② 表面には現われない内部の方。物事の裏面の部分。⇔表側
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「諷語(ふうご)は〈略〉表面の意味が強ければ強い程、裏側の含蓄も漸く深くなる」

うらっ‐かわ ‥かは【裏側】

〘名〙 「うらがわ(裏側)」の変化した語。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉茜雲「間もなく同じ気持の裏っ側(カハ)へも抜け出すことが出来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏側の関連情報