裏側(読み)うらがわ

精選版 日本国語大辞典「裏側」の解説

うら‐がわ ‥がは【裏側】

〘名〙
① 物のの方。また、建物などのうしろの方。⇔表側
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「パナマの横ッ腹をぽかりと張り付けると〈〉此度は拳骨を裏側へ入れてうんと突ッ張ると」
表面には現われない内部の方。物事の裏面の部分。⇔表側
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉二「諷語(ふうご)は〈略〉表面の意味が強ければ強い程、裏側の含蓄も漸く深くなる」

うらっ‐かわ ‥かは【裏側】

〘名〙 「うらがわ(裏側)」の変化した語。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉茜雲「間もなく同じ気持の裏っ側(カハ)へも抜け出すことが出来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android