コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄化 おうか etiolation

翻訳|etiolation

4件 の用語解説(黄化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄化
おうか
etiolation

緑色植物を暗所で育てたときに,葉緑素などの色素が合成されないで淡色となること。色素すべてがつくられなければ白くなるが,カロテノイドが合成されていればその色が現れるので黄色くなる。黄化した植物では,これに伴って徒長などの現象もみられ,これらの状態をも含めて黄化という語を用いることが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おう‐か〔ワウクワ〕【黄化】

植物の緑色になるべき部分がクロロフィルを欠き、黄色または白色化する現象。光や鉄分の不足などによって起こる。→白化(はっか)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おうか【黄化】

暗所で生育した緑色植物が発育を抑制される現象。光の遮断によりクロロフィルの形成が阻害され、カロテノイドだけが生成され、黄白色になることが多い。 → 白化

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄化
おうか

緑色植物がクロロフィルを形成しないために黄色あるいは黄白色になることをいう。ごく普通にみられるのは、種子を暗所で発芽させた場合におこる「もやし」の黄化で、これはクロロフィルが形成されないためにカロチノイドの黄色がみられるためである。このような黄化した植物は、細胞壁のセルロースの形成が不十分なため、組織は柔らかく、伸長が著しい。細胞は細胞間隙(かんげき)が大きく、細胞構造も未分化の状態になっている。黄化はこのほか、正常な植物でも、クロロフィルの構成元素であるマグネシウムや、クロロフィル合成に必要な鉄、マンガンの欠乏によってもおこり、カロチノイドも形成されないと白化(はくか)する。ウイルスの感染によって黄化がおこる場合は葉緑体の発達が悪くなり、クロロフィルが形成されなくなるためである。この黄化が葉の一部でおこると斑(ふ)入り葉となる。[吉田精一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄化の関連キーワード発光塗料暗所暗発芽種子黄燐雲透き月夜茸ルミノール反応冷暗所反射テープ可視光線自動現象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄化の関連情報