そおき

大辞林 第三版の解説

そおき

〔あばら骨の意〕
沖縄地方で、豚の軟骨付きあばら肉。また、それを煮込んだもの。ソーキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

そおき

沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

そおき


沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android