コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そおき そおき

3件 の用語解説(そおきの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

そおき

〔あばら骨の意〕
沖縄地方で、豚の軟骨付きあばら肉。また、それを煮込んだもの。ソーキ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

そおき

沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

そおき


沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そおきの関連キーワードカルビ豚骨肋肉物柔らかやわらやわら御手柔らかそおき骨豚の角煮デジカルビ排骨麺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone