コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

そおき そおき

大辞林 第三版の解説

そおき

〔あばら骨の意〕
沖縄地方で、豚の軟骨付きあばら肉。また、それを煮込んだもの。ソーキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

そおき

沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

そおき


沖縄で、豚の骨つきのばら肉。やわらかく煮込んでそおきそばの具などに用いる。本来は骨つきのものをさすが、骨ではなく軟骨がついたものを「軟骨そおき」(軟骨も食べる)、骨つきのものをこれと区別するときには「本そおき」という。◇「ソーキ」とカタカナで書くことが多い。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

そおきの関連キーワードそおき蕎麦大隅半島沖縄蕎麦越前国道守荘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android