そな

大辞林 第三版の解説

そな

( 連体 )
〔「そこな」の転〕
そこにいる。そこの。 「いや、なに、-者、たとへ打負けたればとて力を落すな/浄瑠璃・彦山権現」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐な

連体〙 (「そこな」の変化した語) そこにいる。そこの。
※浄瑠璃・鬼一法眼三略巻(1731)四「内々聞いた女芸者はそな者か」
※歌舞伎・北条九代名家功(高時)(1884)中幕「御勘気御免なき内に濫りに其な場へ立越しては」

そな

〘助動〙 助動詞「そうな」の変化した語。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「だてしゅぢまんといひそな男。たしかに太兵衛様かと見た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そなの関連情報