コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連体詞 れんたいし

5件 の用語解説(連体詞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連体詞
れんたいし

日本語の品詞の一つ。自立語であるが,活用をもたず,連体修飾語として名詞を修飾する。副体詞ともいう。「この」「そんな」「とある」「たいした」など。「この」は歴史的には「こ」+「の」であり,「こ」が独立性を失い,「この」の形だけが残ったものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れんたい‐し【連体詞】

日本語の品詞の一。活用のない自立語で、主語となることがなく、体言を修飾する以外には用いられない品詞。口語では「あの人」「あらゆる要素」「たいした人出」の「あの」「あらゆる」「たいした」など、文語では「ある法師」「さしたる事」「去る五日」の「ある」「さしたる」「去る」などの類。副体詞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

連体詞【れんたいし】

日本語の品詞の一種。副体詞とも。体言を修飾する機能だけを有する語。自立語で活用しない。〈この〉〈あらゆる〉などをいう。〈小さな〉〈こんな〉〈例の〉〈同じ〉など連体詞に含めるか否か論の分かれる語もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

れんたいし【連体詞】

品詞の一。自立語のうち、もっぱら連体修飾語としてのみ用いられるもの。「この」「その」「いわゆる」「或る」などの類。 〔「大きな」 「同じ」などの語を連体詞とする説もあるが、これらの語は、「目の大きな人」「これと同じ色」のように、述語としても用いられるので、本辞典では連体詞とせず、いずれも形容動詞として扱う。→おおきなおなじ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連体詞
れんたいし

日本文法の品詞名で、自立語で活用がなく、もっぱら体言を修飾する語類をさす。「副体詞」ともいい、おもに用言を修飾する「副詞」と対立的に扱われる。
「連体詞」といわれるものの多くは、他の品詞、または単語連接から転成してきたものであるが、大別して(1)体言プラス連体助詞の系統のものと、(2)用言連体形、または用言プラス助動詞連体形の系統のものがある。(1)は、「この・その・あの・どの・例の・当の」や「我(わ)が」などがそれである。現代語では、「こ・そ」や「我(わ)」は1語としては用いられないから、「の・が」のついた形を1語とみて、「連体詞」とする。(2)は、発生的には、「ある日・去る10月・明くる年」のような動詞の連体形、「大きな(←大きなる)・いろんな(←いろいろなる)・主たる・確たる」のような形容動詞の連体形、「あらゆる人間・いわゆる上流階級・あらぬうわさ」のような動詞に助動詞連体形のついたもの、「かかる(←斯(か)くある)窮状・さる(←然(さ)ある)所」のような副詞に動詞連体形のついたものなど、種々のものが含まれる。
「連体詞」は、叙述性(主語に対応して述語になる性質)をもたないのが普通であるが、「大きな・小さな」などは、「目の大きな人」や「体の小さな男」のように叙述性を有するものもある。ただし、これらを「連体詞」から外し、連体形だけをもつ特殊な形容動詞とみる見方もある。[山口佳紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の連体詞の言及

【修飾語】より

…〈私の(父)〉〈作家(志賀直哉)〉などの場合もこれに準じうる。しかし〈ある(人)〉〈この(本)〉などの修飾語は被修飾語の体言を外面的に特定化するのみであって,ここに用いられる連体詞なるものは連体修飾語たることを唯一の機能とする品詞である。 一方,連用修飾語たることを本来の機能とする品詞は副詞であるが,そのうち〈ゆっくり(歩く)〉などの状態副詞は,連用修飾語として用いられた形容詞・形容動詞(各副詞形),動詞(+助動詞・助詞)などと同様に,自らある性質・状態を表して,被修飾語である動詞の動作の様態を説明する。…

【接頭語】より

…また漢語起原のものとして敬語のゴ以外にも,不,無,未,亜,次,過などがある。しかし第,非,本,毎の類は形式的な意味限定ながらアクセントの点で独立性があり,翌,約,故などとともに連体詞とみられる。その他,新,低,広,軽など多くの漢語要素は接頭語的にしきりに用いられるが,限定のしかたが内容的で,和語のほのぼの,ういういしいなどと同様,単語の中心要素として扱うべきかと思われる。…

※「連体詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

連体詞の関連キーワード助動詞前置詞九品詞転成語八品詞語別小詞品詞論詞(品詞)品詞分解

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連体詞の関連情報