中幕(読み)なかまく

精選版 日本国語大辞典「中幕」の解説

なか‐まく【中幕】

〘名〙
① 軍陣用の幕。大幕と小幕の中間の長さ(三丈六尺)で、夜に用いた。夜幕(やまく)。ちゅうまく。
※武用弁略(安政再板)(1856)六「中(ナカ)幕は水色なるべし、夜幕と名づく」
歌舞伎一番目狂言二番目狂言との間に演ずる狂言。多くは一幕物で、観客の気分をかえるためはなやかなものが多い。京阪では中(なか)狂言といった。また、その日の興行の真中の出し物や、二番目が三幕の場合の第二幕目をもいう。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)「中幕 瓦町油屋の場」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「中幕」の解説

なか‐まく【中幕】

幕末から昭和初期の歌舞伎で、一番目狂言と二番目狂言との間に演じる狂言。華やかな一幕物が多い。京阪では、中(なか)狂言といった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android