中幕(読み)ナカマク

大辞林 第三版の解説

なかまく【中幕】

歌舞伎で、一番目狂言と二番目狂言の間に挿入された演目。観客の目先をかえるため、多く独立した時代物か舞踊劇を出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なか‐まく【中幕】

〘名〙
① 軍陣用の幕。大幕と小幕の中間の長さ(三丈六尺)で、夜に用いた。夜幕(やまく)。ちゅうまく。
※武用弁略(安政再板)(1856)六「中(ナカ)幕は水色なるべし、夜幕と名づく」
② 歌舞伎で一番目狂言と二番目狂言との間に演ずる狂言。多くは一幕物で、観客の気分をかえるためはなやかなものが多い。京阪では中(なか)狂言といった。また、その日の興行の真中の出し物や、二番目が三幕の場合の第二幕目をもいう。
※歌舞伎・お染久松色読販(1813)「中幕 瓦町油屋の場」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中幕の関連情報