ぞんぞ(読み)ゾンゾ

デジタル大辞泉の解説

ぞんぞ

[副]寒けを覚えるさま。また、恐ろしさに震え上がるさま。ぞくぞく。
「以前の事を思ひ出せば、ちりけもとが―とする」〈浮・子息気質・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞんぞ

〘副〙 (「と」を伴うことが多い) 寒気を感じたり、恐ろしさでふるえあがったりするさまを表わす語。ぞくぞく。ぞっと。
※病論俗解集(1639)「洒々(しゃしゃ)そぞろさむし。水をかかるやうにぞんそとするものなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android