コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世間子息気質 せけんむすこかたぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世間子息気質
せけんむすこかたぎ

浮世草子江島其磧作。5巻5冊。正徳5 (1715) 年刊。当代の町人の息子たちの,親と異なった気質を描き分けたもの。 15話から成り,やや誇張した筆で写実的に描き,笑いのうちに教訓を説いている。其磧が版元八文字屋自笑から独立し,苦境に陥った際に出版されたもので,この作によって其磧の作家としての地位は確立された。享保2 (17) 年刊『世間娘容気 (かたぎ) 』,同5年刊『浮世親仁 (おやじ) 形気』とともに3部作を形成。この作以後,人間の類型的性癖を描く,いわゆる気質物が浮世草子界に大流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

世間子息気質【せけんむすこかたぎ】

江戸中期の浮世草子気質物江島其磧作。1715年刊。5巻15話。当代のさまざまな職業の町人の息子たちの気質を描いたもの。町人のわくからはみ出た姿を誇張して描き,笑いの中に教訓を示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せけんむすこかたぎ【世間子息気質】

浮世草子。江島其磧(きせき)作。1715年(正徳5)刊。5冊。八文字屋本気質物(かたぎもの)の最初の作であり15話より成る。町人の家庭に育った子息の性質をさまざまな類型に分けて描いたものともみられるが,実は町人としての身分や職業に相応した気質ではなくて,むしろそういう身分や職業に相応しない気質を描いたものである。したがって,町人の子息という身分から必然的に派生してきた性向や習癖や趣味・嗜好というよりは,むしろ子息としての身分に過ぎたり偏したりする人間を描いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せけんむすこかたぎ【世間子息気質】

浮世草子。五巻。江島其磧作。1715年刊。種々の職業・階層にみられる町人の息子の偏奇的な性癖を気質かたぎとして滑稽に描いたもの。気質物の第一作。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

世間子息気質
せけんむすこかたぎ

江島其磧(きせき)の浮世草子。1715年(正徳5)江島屋市郎左衛門刊。五巻15話。先に『寛闊役者片気(かんかつやくしゃかたぎ)』(1711。坂田藤十郎追善)があるが、浮世草子気質物の第一作。「今時の息子は甘やかされて育つ故に身をもち崩す、その様々を書いて孝の一助にする」(序)として、西鶴(さいかく)の『本朝二十不孝』の不孝話をも抱摂しつつ、家業を外に遊芸などにふける息子たちを描く。誇張しすぎの感もあるが、常識を越えるような性癖や行動に意表外のおもしろさがあり、従前みられなかった人間の一タイプを創出、安永(あんえい)期(1772~81)まで続く気質物の道を開いた。なお本書は、書肆(しょし)八文字屋との確執(前年に内情を暴露)のなかで案出された苦心作でもある。[江本 裕]
『『八文字舎本5種』(1927・有朋堂文庫) ▽『日本名著全集9 浮世草子集』(1928・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の世間子息気質の言及

【気質物】より

…浮世草子のうち,特定の身分・職業を限り,その特有の性格・性癖のさまざまな現れを描いた一群の作品を指す。江島其磧(きせき)の《世間子息(むすこ)気質》(1715),《世間娘気質》(1717),《浮世親仁形気》(1720)が初期の作で,性別・年齢別に特徴的な性癖の発現を誇張して描き,西鶴の町人物などとは視角を変えた巧みな短編集となっている。その後,多田南嶺の《鎌倉諸芸袖日記》(1743)という社会観察の皮肉さと奔放な表現の佳作があり,和訳(わやく)太郎(上田秋成)の《諸道聴耳(ききみみ)世間猿》(1766),《世間妾(てかけ)形気》(1767)は観察眼の特異さと構成の巧みさで抜群の作。…

※「世間子息気質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android