たが屋(読み)たがや

世界大百科事典 第2版の解説

たがや【たが屋】

古くから口演された江戸落語。両国川開きの日,橋の上は混雑をきわめ,打上げ花火に〈玉屋(たまや)!〉と掛声が飛んでいた。そこへ通りかかったのが一人のたが屋。道具箱にかけてあった竹のたがが,ふとしたはずみではずれてしまい,するするとのびて,おりから来かかった馬上武士の笠をはね飛ばした。激怒した武士が,平謝(ひらあやま)りに謝るたが屋を手討ちにしようとすると,必死になったたが屋が武士の刀をもぎとって,逆に武士の首を中天高く斬り飛ばした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のたが屋の言及

【落語】より

… しぐさ落ち自分の寿命をしめす蠟燭を継ぎ足そうとした主人公が,〈ああ消える〉といって倒れる《死神》のように形で見せる落ち。 地口(じぐち)落ち《たが屋》が一例。両国川開きの日,〈玉屋,玉屋〉という花火のほめ声のなかへたが屋が通り,竹のたがで武士の笠をはねた。…

※「たが屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たが屋の関連情報