混雑(読み)こんざつ

精選版 日本国語大辞典「混雑」の解説

こん‐ざつ【混雑】

〘名〙
① 事柄が雑然といりまじること。いり乱れること。こんぞう。
※狂雲集(15C後)寛正二年餓死「仏魔人畜総混雑、天然業果始須驚」 〔北史‐柳慶〕
② 多くの人が雑然とまじりあって、思うように行動できなくなること。こみあうこと。
※談義本・教訓雑長持(1752)二「此繁昌な、京江戸大坂のごとき大都会では、往来の混雑(コンザツ)、おし合ひ、へしあひ」
③ ごたごたすること。もめること。とりこみ。
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)四「米次郎が方に種々の、混雑ありとも知られざれば、此程絶て音信なきを」
④ 違うものを同じものだと誤認すること。また、ちがうものか同じものかわからなくなること。混同。
※幕末御触書集成‐三・安政二年(1855)九月八日「日本国大不列顛国和親約定副章〈略〉日本奉行所にても、混雑等起し、又は条約書の大意を以て、口論が間敷義無之様可心附候」

こん‐ぞう ‥ザフ【混雑】

〘名〙 まじりあうこと。また、そのもの。混合。こんざつ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「混雑」の解説

こん‐ざつ【混雑】

[名](スル)
物事が無秩序に入りまじること。
「かかる―せる原理を以て」〈西田・善の研究〉
たくさんの人が集まって込み合うこと。「人と車で混雑する観光地」
もめごとがあること。ごたごたすること。また、いざこざ
「教授会議や何ぞで、何か問題が―して来て」〈鴎外・魔睡〉
[類語]人込み雑踏ラッシュ込む込み合う立て込むごった返すひしめくひしめき合う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android