掛声(読み)かけごえ

精選版 日本国語大辞典「掛声」の解説

かけ‐ごえ ‥ごゑ【掛声】

〘名〙
① 人に呼びかける声。
(イ) 相手を励ましたり、同意、協力を求めたりする時に呼びかける声。
※俳諧・文政句帖‐五年(1822)六月「かけ声を井の底からこたへけり」
(ロ) 演劇や競技などで、ひいきしている者に対してかける声援。
② 調子を整えたり、力を入れたりする時に発する声。
(イ) 邦楽で、歌をうたったり演奏したりする時、曲節(ふし)を示す時に発する声。
※太鼓聞書(1591)「第一身なりをたしなみ、同第二にはかけ声を心に入てかけべし」
(ロ) 武芸やスポーツなどで、気勢を添えて相手に対する時に発する声。
※咄本・鹿の子餠(1772)雪隠「トウトウどこへどこへとのかけ声」
(ハ) 重い物を運び、引き、投げたり、跳び、走りなどする時、力をこめたり拍子をとるために発する声。
※談義本・風流志道軒伝(1763)三「『コリャサコリャサ』の掛声は、さわたる厂(かり)か洋(おき)漕ぐ舩(ふね)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「掛声」の解説

かけ‐ごえ〔‐ごゑ〕【掛(け)声】

人に呼びかける声。特に、芝居や競技などで、ひいきの者に呼びかける声。
勢いをつけたり、調子をとったりするために出す声。
新しいことを始めるときに、意気込んで出す声。転じて、近くある事を始めるという前触れの言葉。「機構改革も掛け声だけに終わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「掛声」の解説

掛声
かけごえ

日本音楽用語。楽器の演奏や歌い出しに先立って演奏者が発する声。拍子を取り,勢いをつける意味でかけるが,装飾的にも用いられる。同じ楽器を何人でも演奏する場合は,首席奏者がかけるのが普通である。種目によって掛声の音色あるいは用い方が異なる。特に能では譜面にも記されて音楽の一部となっており,掛声の種類と気勢を区別して打音を性格づけ,あるいは拍子感を一層明瞭にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「掛声」の解説

かけごえ【掛声】

動作を呼び起こしたり,2人以上の動作をそろえたり,あるいは動作に気勢を添えたりするために発する声。日本音楽ではかなり広く行われ,それが音楽の重要な一部分になっている例もある。芸術音楽では打楽器奏者や三味線奏者が発するものが大部分だが,雅楽や地歌などのように,掛声を用いないのを原則とする分野もある。掛声は,打楽器の場合には奏者自身が発する。能楽囃子や,歌舞伎,長唄囃子では掛声と楽器の打音とがほぼ対等に組み合わされて,リズムの型を形成するが,単に拍節の内部構造やそのリズム型の性格を示すにとどまらず,楽曲や楽曲部分の曲趣や級位と密接な関係を持ちつつ,高度に芸術的な表現として用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android