コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掛声 かけごえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掛声
かけごえ

日本音楽用語。楽器の演奏や歌い出しに先立って演奏者が発する声。拍子を取り,勢いをつける意味でかけるが,装飾的にも用いられる。同じ楽器を何人でも演奏する場合は,首席奏者がかけるのが普通である。種目によって掛声の音色あるいは用い方が異なる。特に能では譜面にも記されて音楽の一部となっており,掛声の種類と気勢を区別して打音を性格づけ,あるいは拍子感を一層明瞭にする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かけ‐ごえ〔‐ごゑ〕【掛(け)声】

人に呼びかける声。特に、芝居や競技などで、ひいきの者に呼びかける声。
勢いをつけたり、調子をとったりするために出す声。
新しいことを始めるときに、意気込んで出す声。転じて、近くある事を始めるという前触れの言葉。「機構改革も掛け声だけに終わる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かけごえ【掛声】

動作を呼び起こしたり,2人以上の動作をそろえたり,あるいは動作に気勢を添えたりするために発する声。日本音楽ではかなり広く行われ,それが音楽の重要な一部分になっている例もある。芸術音楽では打楽器奏者や三味線奏者が発するものが大部分だが,雅楽や地歌などのように,掛声を用いないのを原則とする分野もある。掛声は,打楽器の場合には奏者自身が発する。能楽の囃子や,歌舞伎,長唄囃子では掛声と楽器の打音とがほぼ対等に組み合わされて,リズムの型を形成するが,単に拍節の内部構造やそのリズム型の性格を示すにとどまらず,楽曲や楽曲部分の曲趣や級位と密接な関係を持ちつつ,高度に芸術的な表現として用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

掛声の関連キーワード揉み立てる断絃余論ユンノリ諸鈍芝居女義太夫伊勢音頭ごっさいゴパークたが屋三番叟掛け声幸清流乱拍子河東節大倉流労作歌イトゥおやま大向う石井流

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掛声の関連情報