ちょん掛(け)(読み)チョンガケ

デジタル大辞泉の解説

ちょん‐がけ【ちょん掛(け)】

環でつける羽織の紐(ひも)。
釣りで、針先にちょっとひっかけるえさのつけ方。
相撲のきまり手の一。自分の右足裏またはかかとを相手の右足首に内側からひっかけて押し倒す技。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょん‐がけ【ちょん掛】

〘名〙
① (ちょっと間に合わせにかけるものの意) 環でつける羽織の紐。
※洒落本・通言総籬(1787)一「黒のひらうちのちょんがけ、帯はおなん戸茶、どんすの小もよう」
② 釣りで、針の先に餌をちょっとひっかけて釣る餌のつけかた。
※試みの岸(1969‐72)〈小川国夫〉静南村「蝦はちょん掛けの方がいいぞ。餌を切らしちゃうと困るんて」
③ 相撲のきまり手の一つ。押し合い突き合いの一瞬、相手の差手をひっぱり込み両手で腕をかかえて自由を封じ、自分の足のかかとを相手かかと内側にかけて横にひき倒す技。
※浄瑠璃・蛭小島武勇問答(1758)三「あご突上れば、ぱたぱたぱた追れてどっこい片家の土俵、とまる所をちょんかけな、あも重ねとぞ見へにける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android