かかと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かかと
かかと / 踵・跟

足首の下方で足底の後方部をいうが、解剖学的にもはっきりとした境界があるわけではない。かかとを形づくっている中心体は踵骨(しょうこつ)で、その周辺の皮下脂肪層がかかとの輪郭を形成している。かかとの皮膚は全身のうちでもっとも厚くて固い。ヒトの場合、体重は足全体で支える仕組みになっているため、かかとには重量がかかることが多く、クッションの役割をも果たしている。かかとの後縁では下腿(かたい)三頭筋(ふくらはぎの筋)からのアキレス腱(けん)が踵骨後端に固着していて、皮下に触れることができる。踵は古語では「くびす」または「きびす」と読み、踵(きびす)を接す(次々と続く)、踵を返す(あとへ戻る)などの表現に用いられてきた。踵のつくりである重は衝(物に突き当たること)の略であり、跟の艮は根の意味であり、足の根元、つまり「かかと」の意であった。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かかとの関連情報