コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どうな ドウナ

デジタル大辞泉の解説

どうな〔だうな〕

《「だくな」の音変化》無益に浪費すること。多く、名詞のあとに付いて用いられる。「手間どうな

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうな

〔「だくな」の転〕
接尾語的に用いて、無駄に費やす意を表す。「手間どうな」「矢どうな」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どうなの関連キーワード海の物とも山の物ともつかない奈良県吉野郡下北山村前鬼三十六計逃げるに如かず後は野となれ山となれ触らぬ神に祟りなし成らぬ中が楽しみ儘の皮・侭の皮作麽生・什麽生わっけも無い内定者懇親会どうなりと主あしらひがらんどう背負い込み取越し苦労不動七重滝余所に見る末恐ろしい手間だうなクレタ島

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どうなの関連情報