手間(読み)てま

精選版 日本国語大辞典「手間」の解説

て‐ま【手間】

〘名〙
① 手を使う仕事などで、その手を動かす動作のとぎれめ。また、その次の動作までの合い間。いとま。ひま。
※貫之集(945頃)三「ほととぎす鳴くなる声をさ苗とるてまうちやすみ哀れとぞ聞く」
② 手を使う仕事のその手を休めるまでのあいだ。また、あることのために要する時間、労力。→てま(手間)が掛かるてま(手間)が取れるてま(手間)を入れるてま(手間)を掛けるてま(手間)を取る
※洒落本・自惚鏡(1789)いろきゃく「八ツあたりをするてまで、いふ事があるならきっぱりいへ」
③ 「てまちん(手間賃)」の略。
※香取社造営物注文(1419)「拾五貫文 番匠百五十人手間分」
手間賃をもらってする仕事。手間仕事。また、その職人や臨時雇いの手伝い。
※歌舞伎・梅柳若葉加賀染(1819)四立「手間(テマ)の衆、今日は川口から注文の来た」
⑤ 江戸時代、武家が抱えていた火消。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android