はさみゲージ

百科事典マイペディア「はさみゲージ」の解説

はさみゲージ

外形寸法の検査に用いる限界ゲージ。通り側,止り側の2測定端面をもち,軸をこれにはさんで検査する。X形とC形がある。固定式のほか,測定端面間の距離を調整できるものもあり,少数製品を検査する場合に利用。→ゲージ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のはさみゲージの言及

【ゲージ】より

…鋼球もゲージとして用いられる。円筒の内面を測定面とするゲージがリングゲージ,平行かつ平面の測定面ではさむ形で軸を測るゲージがはさみゲージである。針金ゲージやドリルゲージは大きさに対応した切込み,または穴を多数もつ角形,または円形の薄板でできており,針金やドリルを分類するために用いる(図2)。…

【限界ゲージ】より

…最大許容寸法のほうは穴に入ってはいけないので止り側といい,最小許容寸法のほうは容易に穴に入ることが必要で通り側という。丸軸に対して用いるはさみゲージでは最小許容寸法のほうが止り側,最大許容寸法のほうが通り側である。図2は各種の限界ゲージである。…

※「はさみゲージ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android