利用(読み)リヨウ

デジタル大辞泉の解説

り‐よう【利用】

[名](スル)
(物の機能・性能を十分に生かして)役立つようにうまく使うこと。また、使って役に立たせること。「遊休地を利用する」「いつも地下鉄を利用する」「廃物利用」「無線LANが利用できる喫茶店」「年間500万人が利用するサイト」
(ある目的を達するために)便宜的な手段として使うこと。方便にすること。「特権を利用する」「立場を利用した卑劣な行為」「親愛の情を利用した詐欺事件」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りよう【利用】

( 名 ) スル
物の機能・利点を生かして用いること。また、単に用いること。 「出張に新幹線を-する」 「火力を-する」 「臨時窓口をご-ください」 「廃物-」
自分の利益になるようにうまく使うこと。手段・方便として用いること。 「機会を-する」 「地位を-する」 「縁故関係を-して出世する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

り‐よう【利用】

〘名〙
① 用いるのが便利なようにすること。使用を便利にすること。また、便利な用い方。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「騎兵は時により、砲兵の助けを用ひずして、突進すべき利用あり」 〔易経‐繋辞上〕
※四河入海(17C前)二二「凡世間の人は名聞利用の為に紛々擾々たるものぞ」
③ 利益になるように用いること。役立つように用いること。〔和英語林集成(初版)(1867)〕
※民法(明治二九年)(1896)一二条「元本を領収し又は之を利用すること」 〔漢書‐薛宣〕
④ 方便に用いること。便宜的な手段として使うこと。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉一「誰からも疑はれないのを利用(リヨウ)して、平気で友達の前で其女をからかったり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

利用の関連情報