検査(読み)けんさ

精選版 日本国語大辞典「検査」の解説

けん‐さ【検査】

〘名〙
① 物事に変わったところや異状がないか注意深く調べて、その可否、適不適などを確認すること。あらため調べること。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「此書中の人物を検査(ケンサ)し上中下の位附を定むべきなり」
② 特に「徴兵検査」のこと。
※風俗画報‐三〇〇号号外(1904)トントン拍子「私(わっち)も来年は検査(ケンサ)だが何(ど)うぞ甲になりたいもんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

知恵蔵「検査」の解説

検査

製品、プロセス、またはサービスが規定された要求を満たすことを、適切な測定・試験(gauging)を伴った観察判定から評価する系統的な実験(examination)。

(今井秀孝 独立行政法人産業技術総合研究所研究顧問 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android