コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はだ薄 ハダススキ

デジタル大辞泉の解説

はだ‐すすき【はだ薄】

《「はたすすき」の音変化という》
[名]はたすすき」に同じ。
「―尾花逆葺(ふ)き黒木もち造れる室(むろ)は万代までに」〈・一六三七〉
[枕]薄の穂の意から「穂に出づ」、また、薄の末(うれ)の意から同音を含む地名「浦野の山」にかかる。
「―穂には咲き出ぬ恋を吾がする」〈・二三一一〉
「―浦野の山に月(つく)片寄るも」〈・三五六五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はだすすき【はだ薄】

( 枕詞 )
〔「はたすすき」とも〕
風になびく薄の穂、その穂の末うらの意から「穂に出づ」「裏」、地名「三穂」にかかる。 「 -穂にはな出でと思ひたる/万葉集 3800

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

はだ薄の関連キーワードナミマガシワガイ加藤磐斎万葉集

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はだ薄の関連情報