コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひっそ ひっそ

大辞林 第三版の解説

ひっそ

( 副 )
ひっそり」に同じ。 「 -として、三味の音色などは絶えて聞えず/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひっその関連キーワードアンダーカレントキリシタン灯籠門前雀羅を張る閑古鳥が鳴く当世書生気質然なきだにゆんぼくん雪隠で饅頭ひっそり閑侘び住い深山幽谷寂び返るひそひそ秋風索漠ひっそり掻い潜むみそみそ寂れる潜まるけそり

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android