コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひっそり ヒッソリ

デジタル大辞泉の解説

ひっそり

[副](スル)
物音や人声がせず静かなさま。「ひっそり(と)静まりかえった境内」「ひっそり(と)した放課後の教室」
静かに、目立たぬようにするさま。「ひっそり(と)余生を送る」「ひっそり(と)咲く野の花」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっそり

( 副 ) スル
動くものがなく物音のしないさま。静かなさま。 「 -(と)した森」 「 -(と)静まりかえる」
控えめに物事が行われるさま。ひそかに。 「 -(と)暮らす」 「野仏のぼとけが-(と)立っている」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ひっそりの関連キーワードかんこ鳥が鳴くキリシタン灯籠ひっそりかん閑古鳥が鳴く深深・沈沈然なきだに雪隠で饅頭隠棲・隠栖深閑・森閑ゆんぼくんひっそり閑深山幽谷侘び住い寂び返る寂としてひそりしけしかごか寂返るひっそ

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひっそりの関連情報