ひっそり

精選版 日本国語大辞典「ひっそり」の解説

ひっそり

① (多く「と」を伴って用いる) 物音一つせず、さびしく静まりかえっているさま、また、人が少ないさまを表わす語。
※俳諧・鷹筑波(1638)五「ひっそりとなりをしづむるだんのうら 月見しまおりもの〈改明〉」
② 人に知られないようにひそかに身を置いたり、ひそかに事を行なったりするさまを表わす語。また、人の沈み込んだ感じをも表わす。
※詞葉新雅(1792)「ヒッソリトシテ ひそみて」
帰郷(1948)〈大仏次郎〉異邦人「その男たちは、妙に暗く、ひっそりした感じで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ひっそり」の解説

ひっそり

[副](スル)
物音や人声がせず静かなさま。「ひっそり(と)静まりかえった境内」「ひっそり(と)した放課後の教室」
静かに、目立たぬようにするさま。「ひっそり(と)余生を送る」「ひっそり(と)咲く野の花」
[類語](1しんとしいんとひそやか音無し無音微音しめやか静まり返る水を打ったよう/(2こっそりひそか忍びやかそっと内内うちうち内内ないない遠慮内部内密内輪内幕内裏うちうら内緒内分内聞内情内実秘密

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android