コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひっそり ヒッソリ

デジタル大辞泉の解説

ひっそり

[副](スル)
物音や人声がせず静かなさま。「ひっそり(と)静まりかえった境内」「ひっそり(と)した放課後の教室」
静かに、目立たぬようにするさま。「ひっそり(と)余生を送る」「ひっそり(と)咲く野の花」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっそり

( 副 ) スル
動くものがなく物音のしないさま。静かなさま。 「 -(と)した森」 「 -(と)静まりかえる」
控えめに物事が行われるさま。ひそかに。 「 -(と)暮らす」 「野仏のぼとけが-(と)立っている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひっそりの関連キーワードキリシタン灯籠かんこ鳥が鳴く閑古鳥が鳴くひっそりかん隠棲・隠栖然なきだに雪隠で饅頭ゆんぼくん深深・沈沈ひっそり閑深閑・森閑寂として侘び住い深山幽谷寂び返るかごか物静かしけしひっそひそり

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひっそりの関連情報