びくとも

精選版 日本国語大辞典「びくとも」の解説

びくと‐も

① 反抗するそぶりをしたり、じたばたしたりするさま。
浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)二「びく共せばふみつぶさんと思ひこふだる其けしき」
② (打消を伴って用いる) ほんの少し動いたり驚いたりするさま。びくりとも。
歌舞伎彩入御伽草おつま八郎兵衛)(1808)蛍ケ沼の「二人や三人はわし一人でも、びくともするのぢゃアござらぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「びくとも」の解説

びくと‐も

[副](スル)わずかに動いたりれたりするさま。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「押しても引いてもびくともしない」「何を言われてもびくともしない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android