びくとも(読み)ビクトモ

デジタル大辞泉の解説

[副](スル)わずかに動いたり揺れたりするさま。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「押しても引いてもびくともしない」「何を言われてもびくともしない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 反抗するそぶりをしたり、じたばたしたりするさま。
※浄瑠璃・凱陣八島(1685頃)二「びく共せばふみつぶさんと思ひこふだる其けしき」
② (打消を伴って用いる) ほんの少し動いたり驚いたりするさま。びくりとも。
※歌舞伎・彩入御伽草(おつま八郎兵衛)(1808)蛍ケ沼の場「二人や三人はわし一人でも、びくともするのぢゃアござらぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びくともの関連情報