コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びくとも ビクトモ

デジタル大辞泉の解説

びくと‐も

[副](スル)わずかに動いたり揺れたりするさま。多く、あとに打消しの語を伴って用いる。「押しても引いてもびくともしない」「何を言われてもびくともしない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びくとも

( 副 ) スル
(多く「びくともしない」などの形で)強い働きかけに対して、わずかに動いたり、動じたりするさまを表す語。 「地震にも-しない塔」 「そんなおどしには-せぬ」 「 -せば打ち殺す/浄瑠璃・菅原」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

びくともの関連キーワード引く・曳く・退く・牽く・惹く押しも押されもせぬモアナと伝説の海大盤石・大磐石些とやそっと若乃花幹士神色自若打消し図太い磐石出家誘く

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びくともの関連情報