ふみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-? 江戸時代後期の女性。
大坂谷町の堀屋清兵衛の。はじめ茶屋松重につとめ,文政3年(1820)長崎丸山の遊女屋にうつる。オランダ人フルテルユウと婚約,8年オランダにわたる。名をアンナとかえ,イリキンユを生む。18年ぶりにへおくった手紙「おらんだ文」がのこっている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふみの関連情報