へうげもの(読み)ひょうげもの

知恵蔵mini 「へうげもの」の解説

へうげもの

山田芳裕による歴史マンガ。タイトルの「へうげもの」(読みは「ひょうげもの」)は「ひょうきん者」「おどけたことを言う人」の意。安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将で、茶の湯の世界に魅せられた古田織部(名は重然、通称左介)の型破りな生涯をユーモラスに描く。2005年に週刊モーニング」(講談社)で連載が開始され、17年に第273話で完結した。同年12月時点で単行本は24巻まで刊行されている。09年に第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で優秀賞を、10年に第14回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。11年にはNHK BSプレミアムにてテレビアニメ化されている。

(2017-12-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉プラス 「へうげもの」の解説

へうげもの

①山田芳裕による漫画作品。戦国武将・古田織部の数寄者道を追求する姿を描く。『モーニング』2005年から2017年まで連載。講談社モーニングKC全25巻。第13回(2009年度)文化庁メディア芸術祭マンガ部門 優秀賞、第14回(2010年)手塚治虫文化賞 マンガ大賞受賞。
②①を原作とする日本のテレビアニメ。放映はNHK(2011年4月~2012年1月)。制作:ビィートレイン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android