コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手塚治虫文化賞 てづかおさむぶんかしょう

2件 の用語解説(手塚治虫文化賞の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

手塚治虫文化賞

1989年に61歳で死去したマンガ家・手塚治虫の業績を顕彰し、文化としてのマンガ発展に寄与するために朝日新聞が97年に創設したマンガ賞。年間を通じて最も優れていると認められた作品に贈られる「マンガ大賞」のほか、マンガ界に新しい風を送り込んだ作品を対象とした「新生賞」、優れた短編や4コマ、1コママンガの作者に贈呈する「短編賞」、長年、マンガへの功労があったと認められる人や団体への「特別賞」がある。2007年はバレエに魅せられた少女たちの宿命のドラマ山岸凉子舞姫 テレプシコーラ』(メディアファクトリー)がマンガ大賞に選ばれた。新生賞にはのぞゑのぶひさ:マンガ、岩田和博:企画・脚色の『神聖喜劇』(幻冬舎、原作:大西巨人)、短編賞は森下裕美の『大阪ハムレット』(双葉社)に決まった。特別賞は該当者なし。07年の選考委員は荒俣宏、いしかわじゅん、印口崇、香山リカ、呉智英、萩尾望都、藤本由香里、村上知彦の8人。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てづかおさむ‐ぶんかしょう〔てづかをさむブンクワシヤウ〕【手塚治虫文化賞】

手塚治虫を記念して、平成9年(1997)に創設された漫画賞。毎年1回、優れた漫画作品に贈られる。大賞のほかに、短編賞や特別賞などがある。
[補説]大賞受賞作一覧
平成9年(1997)「ドラえもん藤子・F・不二雄
平成10年(1998)「『坊ちゃん』の時代」関川夏央、谷口ジロー
平成11年(1999)「MONSTER」浦沢直樹
平成12年(2000)「西遊妖猿伝(さいゆうようえんでん)」諸星大二郎
平成13年(2001)「陰陽師(おんみょうじ)」岡野玲子
平成14年(2002)「バガボンド」井上雄彦
平成15年(2003)「黄色い本 ジャック・リボーという名の友人」高野文子
平成16年(2004)「ヘルタースケルター」岡崎京子
平成17年(2005)「PLUTO(プルートウ)」浦沢直樹
平成18年(2006)「失踪日記」吾妻(あづま)ひでお
平成19年(2007)「テレプシコーラ」山岸凉子
平成20年(2008)「もやしもん」石川雅之
平成21年(2009)「大奥」よしながふみ/「劇画漂流」辰巳ヨシヒロ
平成22年(2010)「へうげもの」山田芳裕
平成23年(2011)「JIN-仁-」村上もとか/「竹光侍」松本大洋
平成24年(2012)「ヒストリエ」岩明均
平成25年(2013)「キングダム」原泰久
平成26年(2014)「3月のライオン」羽海野(うみの)チカ
平成27年(2015)「逢沢りく」ほしよりこ
平成28年(2016)「鼻紙写楽」一ノ関圭/「よつばと!」あずまきよひこ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手塚治虫文化賞の関連キーワード手塚手塚真エンゼルの丘動物つれづれ草フィルムは生きているふしぎな少年ふしぎなメルモ漫画生物学宝塚市立手塚治虫記念館手塚良仙

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手塚治虫文化賞の関連情報