コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まさかりかぼちゃ

デジタル大辞泉プラスの解説

まさかりかぼちゃ

北海道夕張郡長沼町で生産される寒冷地向きのカボチャ果皮は硬く、ほくほくとした食感。明治期にアメリカから導入された「ハッバード」が在来化したものとされる。果皮が硬くまさかりを使って割ったことからこの名で呼ばれる。スローフード協会により「味の箱舟」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

まさかりかぼちゃの関連キーワード北海道夕張郡長沼町

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android