コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

めえ めえ

大辞林 第三版の解説

めえ

( 助動 )
〔「まい」の転。近世江戸語。「めい」と表記されることもある〕
意味・用法は打ち消し推量の助動詞「まい」に同じ。 「諸国の言ことばが江戸者に移らうぢやああるめえか/滑稽本・狂言田舎操」 「ここで少しも才覚すりやあ日延もできめえ物でもねえ/人情本・梅児誉美 」 「めつたな事こつちやあありやあしめい/西洋道中膝栗毛 魯文」 → まい(助動)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

めえの関連キーワードひいひいたもれ仕舞いを付けるないければえ段・エ段贅六・才六暗穴・闇穴ぞろっぺえなさりやす甚助・甚介だりむくりおらっち御師さんぐりはま花屋の柳膝を抱く不洒落る斯う斯う大江匡衡ねね様ぞんき

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

めえの関連情報