コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中勘助 なかかんすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中勘助
なかかんすけ

[生]1885.5.22. 東京
[没]1965.5.3. 東京
小説家,詩人。第一高等学校を経て 1909年東京大学国文学科卒業。夏目漱石師事した。江戸の面影を伝える商人町に囲まれた士族屋敷に育ち,その体験を優雅繊細な文体で描いた清潔な長編自伝小説『銀の匙』 (1913,15) で文壇に認められた。その後,仏教説話に取材した『提婆達多 (でーばだった) 』 (21) などを書いたが,『』 (22) 以後は小説を離れ,『鳥の物語』 (49) などの童話や『琅 玕 (ろうかん) 』 (35) ほかの詩作により愛と美の思想をうたう詩人として孤高の生涯をおくった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中勘助【なかかんすけ】

小説家,詩人。東京生れ。東大国文卒。夏目漱石に師事,その推薦で朝日新聞に自伝的作品《銀の匙》を連載。《提婆達多(でーばだった)》《犬》等の小説のほか,詩集《琅【かん】(ろうかん)》や随筆集などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中勘助 なか-かんすけ

1885-1965 大正-昭和時代の小説家,詩人。
明治18年5月22日生まれ。大正2年夏目漱石(そうせき)の推薦で幼少年期をえがいた小説「銀の匙(さじ)」を「東京朝日新聞」に連載,みとめられる。時流にとらわれず,文壇とは一線を画し,生涯孤高をたもった。昭和40年5月3日死去。79歳。東京出身。東京帝大卒。作品に「提婆達多(でーばだった)」「街路樹」「鳥の物語」,詩集に「飛鳥」など。
【格言など】もし我々に死がなかったら生の倦怠をどうしようか。死こそは実に我々に恵まれた甘露である(「しづかな流」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なかかんすけ【中勘助】

1885~1965) 小説家・詩人。東京神田生まれ。東大卒。夏目漱石門下。文壇と没交渉に純粋孤高の内面性を追求した。作「銀の匙」「提婆達多でーばだつた」「犬」「しづかな流」、詩集「琅玕ろうかん」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中勘助
なかかんすけ
(1885―1965)

小説家、詩人、随筆家。明治18年5月22日東京に生まれる。1909年(明治42)東京帝国大学国文科卒業。処女作『銀の匙(さじ)』(1913)は夏目漱石(そうせき)の推挙によって『東京朝日新聞』に連載されたが、その後沈黙、世俗を避けた深い苦悩のすえに小説『提婆達多(デーバダッタ)』(1921)、『犬』(1922)を発表するとともに、随筆『沼のほとり』(1922)、『しづかな流』(1926)等によって、「詩を生活する」という独自の芸術境を築く作家として注目される。『雁(かり)の話』(1933)に始まって、戦中戦後の混乱の時代にも書き継がれた『鳥の物語』(1983刊)は澄みきった彼の晩年の心境を物語る大人のための童話。『提婆達多』『犬』が大人の狂おしい我執や嫉妬(しっと)の断ちがたい愛欲世界を描いているのに対し、これは彼の求め続けた高い愛の世界が自由に羽ばたいている。詩を志しながら散文しか書けなかった彼は30代もなかばを過ぎたころから詩を書き始め『琅(ろうかん)』(1935)以下8冊の詩集を残している。三好(みよし)達治は、中勘助の詩には人間の善意識を呼び覚ます力と涯底(そこい)のしれぬ哀感があると高く評価した。65年(昭和40)1月朝日賞受賞、同年5月3日没。[渡辺外喜三郎]
『『中勘助全集』全13巻(1960・角川書店) ▽『中勘助随筆集』(岩波文庫) ▽渡辺外喜三郎著『中勘助の文学』(1971・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

中勘助の関連キーワードむさくろしいびりっこけ目立たしい伸し上げるちらばらたおたお横外っ方膨らせる生れ返るびりっこほたほた然しもに何にまれ捩じ鉢巻取読みなんと先の世膨らか好い鳥転ばす