コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よの よの

大辞林 第三版の解説

よの

( 連語 )
〔終助詞「よ」に間投助詞「なう」の付いた「よなう」の転〕
意味・用法は「よのう(連語)」に同じ。 「夜はすでに明けければ、すごすごと、さてお帰らう-/狂言・花子」 「これはさつても早い事でごんす-。おれが戻りは、ても遅い事でごんす-/浄瑠璃・宵庚申

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

よのの関連キーワード島根県隠岐郡隠岐の島町中村鹿児島県大島郡和泊町内城慧灯大師・慧燈大師蕃藷考・蕃薯考和歌山ブルース県門の三才女びんたたら腰次・腰継御座り申す中山万太夫豊野〈町〉小夜の中山豊の明り女楽の拝渡らひ心四幅布団扇忌々しさがな口語らひ種悪七兵衛

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

よのの関連情報