間投助詞(読み)かんとうじょし

精選版 日本国語大辞典「間投助詞」の解説

かんとう‐じょし【間投助詞】

〘名〙 国文法で助詞の一類。「これがね、例のさ、本だよ」の「ね・さ・よ」など。文語では「い・ろ・ら・ゑ・な(以上は奈良時代)、よ・や・し・を」、口語では「や・ぞ・ね・が・な・よ・さ」など。山田孝雄の命名。終助詞などとの区別に異論があり、また、山田の終助詞と合わせて、終助詞また感動助詞とする説もある。〔日本文法論(1902‐08)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の間投助詞の言及

【助詞】より

…疑問,詠嘆,勧誘,禁止など,話し手の陳述様式を示す。(10)間投助詞 文節を切るが,必ずしも文を終止しない(それでネ,私がサ,これをデスネ,食べるサ)。相手の注意の要求(文脈の誘導),相手への態度などを表す。…

※「間投助詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android