れんえい

普及版 字通 「れんえい」の読み・字形・画数・意味

影】れんえい

すだれかげ。唐・雍陶〔明月高楼を照らす〕詩 、何ぞ高高たる 樓中、

字通」の項目を見る

【斂】れんえい

葬る。

字通「斂」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android