すだれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

すだれ

簾とも書く。細いアシまたは細く割ったタケを糸で編んだもので,軒などにつるす。昔は牛車や部屋の周囲の鴨居などに掛けて,室外と室内をへだて,目隠しや,日光をさえぎるために用い,寝殿造では重要な室内調度品とされた。現在では,軒先に掛けて日よけにするほか,夏季には障子をはずしてすだれを掛け,涼しさを増すのに利用される。材料は,アシ,タケ,プラスチックなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すだれの関連情報