コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をは をは

大辞林 第三版の解説

をは

( 連語 )
〔間投助詞「を」に係助詞「は」が付いたもの。中古語〕
文末にあって、詠嘆の意を表す。 「さる方にて捨てがたきもの-とて、式部を見やれば/源氏 帚木」 「かやうの事めで給ふとては、わらひ給へど、いかでかなほをかしきもの-/枕草子 313」 〔「は」が連濁により「をば」となることも考えられるが、用例がすべて中古の仮名文献なので、確認はできない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

をはの関連キーワードシューマン:ピアノ協奏曲 イ短調/piano and orchestra(concerto)貫の木・関の木・閂弖爾波・手爾波ハーフネルソン天爾葉大概抄俳諧天爾波抄手爾葉大概抄助辞本義一覧富士谷御杖玉の緒繰分春樹顕秘抄名を立つ詞の緒環東条義門詞の玉緒同字切れ弖爾乎波言霊指南てにをは姉小路式

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

をはの関連情報