コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカラシア アカラシアachalasia

デジタル大辞泉の解説

アカラシア(achalasia)

食道や胃の噴門部の筋肉が弛緩せず、飲食物が通過しなくなる症状。食道アカラシア

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アカラシア【achalasia】

噴門部付近の弛緩不全のため、通過障害や食道下部の異常拡張をきたす疾患。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアカラシアの言及

【食道】より

…また一般に胃の消化不良のときは,噴門の閉じ方が不完全となり,不快な胸焼け,おくび,口臭などの原因となる。【和気 健二郎】
[食道のおもな病気]
 食道のおもな病気には食道閉鎖症,食道異物,食道炎,食道潰瘍,食道アカラシア,食道癌,食道憩室などがある。(1)食道閉鎖症 先天的に食道の一部が欠損し内腔が連続していない奇形である。…

※「アカラシア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカラシアの関連情報