コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキシオライト質組織 アキシオライトしつそしきaxiolitic texture

1件 の用語解説(アキシオライト質組織の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アキシオライト質組織

イグニンブライトの組織で,針状の長石がガラスの破片の表面から成長しているものである[Carozzi : 1960].アキシオライト(axiolite)は球顆(spherulite)の一種で棒状をなすもの.球顆状組織(spherulitic texture)と異なり,成長の中心となる核が点ではなく線状の核の一端から繊維状結晶が放射状に発達したもの.表面成長組織(overgrowth texture)の一種と考えられる[ManKenzie, et al. : 1982].脱ガラス化した火山性ガラスなどに見られる[Bowes : 1989].火山灰組織(ash texture)[Mugge : 1893, Pirs son : 1915]

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone