コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球顆 きゅうかspherulite

翻訳|spherulite

岩石学辞典の解説

球顆

酸性のガラスあるいは酸性岩に見られる球状の物体の総称である[Vogelsang : 1872].一般に数cm以下の径であるが,3m以上の大きな球体も報告されている.一種またはそれ以上の鉱物が放射状か同心円状に配列して外形が球状となったもの.粘性のあるマグマやガラスの中で柱状か針状の結晶が共通の中心か包有物から放射状に成長することで形成されたものである.球顆の中心を通る面を顕微鏡の直交ニコルで観察すると偽一軸性の干渉像が観察される.放射状の結晶は普通は長石または石英で,時に輝石の場合がある.spheroliteあるいはsphaeroliteとも書くことがある[Johannsen : 1931].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

球顆の関連キーワードラデイオリシック脱ガラス化作用スフェロフェルサイト状組織ラディオリティック組織コリオジェニック球顆アキシオライト質組織ブラッタースタインセントロジェニックひび割れ陶磁器組織ディオジェナイト微球顆石英粗面岩球状物集合球顆体エイコンドライト帽章晶子状球顆ラディオライト玄武球顆状組織ペデイオライト顆球石英粗面岩クロット花崗岩チアスモライトベロノ球顆体

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android