コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一端 イチハナ

デジタル大辞泉の解説

いち‐はな【一端】

いちばん先。真っ先

いっ‐たん【一端】

一方のはし。片はし。「ひもの一端
一部分。「感想の一端を述べる」

いっ‐ぱし【一端】

[名]一人前。人並み。「口だけは一端のことを言う」「やっと一端の板前になった」
[副]
一人前に。人並みに。未熟なのに一人前のように振る舞うさまにもいう。「あれで一端専門家のつもりでいる」
いったん。ひとまず。
「―町の宿老へ断りたれば」〈浮・懐硯・二〉

ひと‐はし【一端】

一方の端。片端。いったん。
事柄の一部分。
「言葉の― ―にその時代おくれなことを自白していた」〈佐藤春夫・都会の憂鬱〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちはな【一端】

真っ先。一番先。
[句項目]

いったん【一端】

一方のはし。かたはし。 「ロープの-をにぎる」
全体の一部分。 「思いの-を述べる」

いっぱし【一端】

( 名 )
能力・資格などが一人前であること。人並み。 「 -の大工」 「 -の口をきく」
( 副 )
人並みに。一人前の能力や資格があるかのように。 「あれで-腕がある積りだから/吾輩は猫である 漱石

ひとはし【一端】

一方の端。片端。
事柄の一部分。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一端の関連キーワードヤング‐ヘルムホルツの第二法則植え込みボルト・植込みボルト吾輩は猫である吹き竿・吹き棹スヌーズ機能躄機・居坐機ボウリング身縄・水縄相生結び輪奈結び心押し台一端立つ火吹き竹片持ち梁心太突き将棋倒し蝦蛄万力一部分ハド岬丁字帯

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一端の関連情報