コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノタムラソウ(秋の田村草) アキノタムラソウSalvia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アキノタムラソウ(秋の田村草)
アキノタムラソウ
Salvia japonica

シソ科の多年草。北海道を除く日本各地の丘陵地や低山の林床に普通にみられる。高さ 20~80cmと生育環境によりさまざまであるが,茎は角張ってほとんど毛がない。葉は普通羽状に深く裂けて複葉のようにみえる。花は夏から晩秋まで咲き,淡青色の長さ 1cmあまりの唇形花で,花筒の奥のほうに毛が輪のように密生している。近縁種に小型のハルノタムラソウ S. ranzaniana,花が赤紫色のナツノタムラソウ S. lutescensがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アキノタムラソウ(秋の田村草)の関連キーワードハルノタムラソウ(春の田村草)ナツノタムラソウ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android