コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林床 リンショウ

デジタル大辞泉の解説

りん‐しょう〔‐シヤウ〕【林床】

森林の地表面。光が林冠により遮られるため、耐陰性の強い植物や菌類などが生育

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんしょう【林床】

森林の中の地表面。太陽光線が届きにくく暗いので、そこに適応した植物が生育する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の林床の言及

【森林】より

…ほかに,階層を形成しないがつる植物がある。草本階,コケ階を林床forest floorという。環境条件に恵まれた広葉樹天然林では各階層が発達するが,シラベなどの亜高山針葉樹天然林では,高木階とコケ階のみの単純な構成となる。…

※「林床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

林床の関連キーワードナガサキシダ(長崎羊歯)オウレン(黄蓮∥黄連)サンリンソウ(三輪草)フタバアオイ(双葉葵)ヘツカシダ(辺塚羊歯)エンレイソウ(延齢草)クルマバツクバネソウオオバナエンレイソウハルザキヤツシロランヒメネズミ(姫鼠)ジャングル(密林)エダウチチヂミザサパフィオペディルムサジガンクビソウミョウガ(茗荷)ヒミズ(日不見)テバコモミジガササンインクワガタアリドオシランオオナルコユリ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

林床の関連情報