コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

複葉 ふくようcompound leaf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

複葉
ふくよう
compound leaf

葉身の切れ込みが深くなって主脈にまで達し,葉面が2個以上の小さな葉になったもの。葉のなかに新たにできた小さな葉のひとつひとつを小葉という。主脈に対する小葉の配列の様式によって羽状複葉 (a) ,掌状複葉 (b) ,鳥足状複葉 (c) などあり,小葉がさらに複葉状になったものを二回複葉または再複葉という。羽状複葉の最も単純なものは三出葉 (d) であり,三出葉の左右の2葉が脱落したものは単身複葉である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふく‐よう〔‐エフ〕【複葉】

葉身が2枚以上の小葉からなる葉。小葉の配列のしかたにより羽状複葉・掌状複葉・三出複葉などとよぶ。⇔単葉
飛行機の主翼が上下に2枚あること。⇔単葉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

複葉【ふくよう】

二つ以上の部分に分かれた葉身をもつの総称。分かれた葉身を小葉という。単葉の対。小葉3枚からなる3出複葉(カタバミ),葉柄の先に小葉が放射状につく掌状複葉(アケビ),中軸の左右に小葉の並ぶ羽状複葉(フジ)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくよう【複葉】

葉身が二枚以上の小葉よりなる葉。小葉の並び方により、掌状複葉(アケビなど)・羽状複葉(フジなど)など、その形状により多くの呼び方がある。
飛行機の主翼が二重になっているもの。 「 -機」
▽⇔ 単葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

複葉
ふくよう

葉身が複数の部分に分かれている葉をいう。単葉に対する語。分かれている部分を小葉とよび、小葉の並び方や軸との位置関係からいくつかの形がある。葉軸の左右に小葉が並ぶものが羽状複葉で、このうち、軸の先端に小葉があるものを奇数羽状複葉(フジなど)、先端の小葉を欠くものを偶数羽状複葉(ナンキンマメなど)とよぶ。葉軸からさらに側軸を出して、これに小葉が左右につくものは2回羽状複葉(ネムノキなど)とよばれる。葉柄の先端に小葉を放射状につけるものは掌状複葉(アケビなど)とよばれる。ただし、葉柄の先端に三枚の小葉をもつものについては三出複葉(クズなど)とよばれる。なお、原則的には羽状複葉であるバラの葉でも、その小葉が三葉だけであるため、三出複葉となることがあるし、ミツバアケビでみられる三出複葉はアケビと同属という関係を考えれば掌状複葉に関連が深いとみることができる。したがって、三出複葉が羽状複葉と掌状複葉のいずれに関係が深いかは、種類によって違うと考えなければならない。三出複葉の左右の小葉の軸の外側へさらに小葉をつけるものを鳥足(とりあし)状複葉(ヤブガラシなど)という。一般にシダ植物には複葉が多く、葉軸から側軸を出し、その側軸からさらに側軸を出すというような3回羽状複葉など複雑なものがみられる。なお、シダ植物では、葉の説明として羽片、小羽片の語がよく用いられる。羽片とは小葉のことであり、小羽片とは細かく2回、3回と何回か分かれた複葉の一つ一つの小葉を意味している。[原 襄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

複葉の関連キーワードモンキーポッドクジャクシダロッグウッドジャカランダ銀葉アカシア春の田村草深山酢漿草三葉黄蓮白根人参泡盛升麻本宮羊歯白根川芎大王椰子伊吹防風深山苧環高嶺七竈高嶺薔薇砂糖椰子深山金梅鉄刀木

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

複葉の関連情報