アクセプタンス方式(読み)アクセプタンスほうしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクセプタンス方式
アクセプタンスほうしき

輸入ユーザンスの一方式。まず海外の輸出業者はアクセプタンス方式の信用状に基づいて振出した手形に船積み書類を添えて輸出地の外国為替銀行に買取りを依頼し,輸出代金を受取る。輸出地銀行はその後この銀行引受手形をニューヨーク,ロンドンなどの金融市場で再割引を行うことにより資金の再調達が可能となる。手形期日が到来すると,手形保持者は引受銀行に支払呈示を行い,引受銀行は信用状発行銀行の勘定を引落して対外決済は完了する。一方,輸入地における信用状発行銀行は,これと同時 (すなわち手形期日) に輸入者から外貨見返手形の期日に輸入貨物代金を取立て,対内決済を完了する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android