アクチニド収縮(読み)アクチニドしゅうしゅく(英語表記)actinide contraction

世界大百科事典 第2版の解説

アクチニドしゅうしゅく【アクチニド収縮 actinide contraction】

ランタニド収縮と同じような原因によって生ずる,アクチノイドにみられる原子半径あるいはイオン半径の収縮。ランタニド収縮【中原 勝儼】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアクチニド収縮の言及

【ランタニド収縮】より

ランタノイド(古くはランタニド元素と呼んだ)のイオン半径あるいは原子半径が,原子番号にしたがって減少する現象。同じような現象はアクチノイドでもみられ,これはアクチニド収縮と呼ばれる。一般に,原子あるいはイオンの大きさは最外側の核外電子の位置によって決まるが,たとえば原子半径では,一般的にいって周期表中の同じ族内では原子番号の増大とともに増加し,同じ周期内では原子番号の増大とともに減少している。…

※「アクチニド収縮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android