コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子半径 げんしはんけいatomic radius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子半径
げんしはんけい
atomic radius

原子を球形とみなしたときの半径。原子の状態によって異なる値をもち,共有結合イオン結合,またはファン・デル・ワールス力によって結合しているとき,それぞれ共有結合半径イオン結合半径,ファン・デル・ワールス半径などと呼ばれる。その大きさはほぼ1~2Åである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしはんけい【原子半径 atomic radius】

原子を球とみなしたときの半径で,結晶における原子核間距離共有結合結合間隔の実測値を各原子について加成性が成立するように割り当てた値である。イオン結合化合物におけるイオン半径とは厳密には区別される。単体の金属の結晶中で最近接原子の核間距離の半分が金属原子半径または金属結合半径と定義される。ファン・デル・ワールス力で凝集した結晶の最近接分子間にまたがる原子間距離からファン・デル・ワールス半径が決まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の原子半径の言及

【結合半径】より

…結合の種類に応じてイオン半径,共有結合半径,金属結合半径のように区別する。あとの二つとファン・デル・ワールス半径とをまとめて原子半径atomic radiusまたは元素半径と呼び,イオン半径と対置する。【木下 実】。…

【結合半径】より

…結合の種類に応じてイオン半径,共有結合半径,金属結合半径のように区別する。あとの二つとファン・デル・ワールス半径とをまとめて原子半径atomic radiusまたは元素半径と呼び,イオン半径と対置する。【木下 実】。…

【結晶構造】より

…しかし,その電子密度分布は,原子の中心から距離の指数関数的に減衰しているから,半径を物理的に定義づけるのは困難である。そのうえ,原子の電子密度分布は,それに隣接する他の原子の数,その他種々の物理的効果のため球対称から変形するから,あらゆる物質に通用する原子半径を一義的に決めることはできない。 現在一般に用いられている原子半径あるいはイオン半径の概念は,主として結晶構造の解析によって得られた原子間距離の値に基づいている。…

※「原子半径」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

原子半径の関連情報